ジェネリック医薬品通販の安心ジェネリックファーマ

Read Article

コルヒチン 0.5mg 100錠の服作用

コルヒチン 0.5mg
noimage
コルヒチン Colchichine 0.5mg痛風の発作をおさえるお薬です。そのほか、ベーチェト病にも応用されます。白血球が関節内に集まるのを阻害し、それにより痛みを抑えてくれます。初期投与量として0.5~1mg、維持量として1日3~4mgを6~8回に分服してください。ただし最大投与量は1時間で1.8mgです。 痛風発作の発現後は服用開始が早いほど効果的です。 また長期間にわたる予防的投与は血液障害や生殖器障害などの副作用がでる可能性があります。〔錠剤〕:1錠中0.5mg

コルヒチン Colchichineの副作用は以下のような症状が報告されています。

全身のそう痒、発疹、発熱等、脱毛、皮疹、血尿、下痢、悪心・嘔吐、腹痛。重い副作用:再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、横紋筋融解症、ミオパチー、末梢神経障害
コルヒチン Colchichine 0.5mg 100錠

http://sigmasolns.com/colchichine_100/


今話題の医薬品など

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)